プロフィール

青代

Author:青代
RPG『赤青物語』製作中。

最新記事

カテゴリ

リンク

最新コメント

FC2カウンター

ノーマルカレンダー

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

フリーエリア

当ブログサイトはリンク、
アンリンクフリーです。 赤青日記へ サイト名 :赤青日記  
管理者 : 青代

参加しているブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングのブログん家

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

  1. 無料アクセス解析

--/--/-- --:--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/12/28 09:13  妖精さん


ピンク

ウディタ公式サイトには妖精さんがいます。
私は妖精さん達を尊敬しています。



ウディタ公式サイトの質問スレッドには迷える子羊達がわんさかいます。
質問内容はピンからキリまでで、世の中色んな人達がいるんだなぁと思わせてくれます。
質問スレッドはいつも盛況で阿鼻叫喚の疑問地獄です。

『なんでどうしてバグだわからないコモンください』

みんな自分のゲームのために真剣なのです。
ですが疑問を発しても答えるものがいなければ答えは返ってきません。
普通なら自分の問題は自分で立ち向かわなくてはいけないものなので、
まあ仕方ないと言ったら仕方ないのかもしれません。

しかし、そんな彼らを導く優しい存在がいます。

迷える不注意な子羊をバグから守り、
見当違いな事をやってる奴を導き、
常識を知らない子達にやんわり常識を教え、
なるべくみんなを疑問地獄から救い出そうとする。
そんな心優しい妖精さん達がいるのです。
彼らは金銭等要求せずに無償で無給で人を助ける最強の存在なのです。



私は質問スレッドの過去ログ検索をよく利用します。
私が迷える子羊になった時
似たような過ちをした人が結構な確率でいるからです。
そしてやはり結構な確率で妖精さんが答えた形跡もあるのです。
妖精さんが誰かを助けてる時は一人ですが、
その功績によって似たような境遇の子羊が多く救われているのです。
まさに妖精の仕事です。



はるか昔に妖精さんに救われた人達によって
私も救われています。
善良な妖精さん、いつもありがとうございます。
スポンサーサイト

<< 製作について思ったこと日記回想2 >>



COMMENT


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。